2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2011年03月14日(月)

地震

3月11日の午後3時前に関東地方でも
大きな地震がありました。

そのとき、私はコタロウの散歩に出ていました。
いつものようにコタロウを自転車の前かごに乗せて
自転車をこいでいましたが、何だか船酔いしたような感じで
気持ち悪くなり、大きな木が風にしては変な揺れをしていました。
女性の悲鳴で自転車を止めて初めて地震に気が付きました。

どのくらい揺れたのでしょう・・・
私には長く感じました。

コタロウが怪我をしないように抱きしめ座り込みました。

揺れがおさまってから、すぐにいつも散歩をしている公園へ
向かいました。

その公園は、避難場所になっていたからです。

移動の最中は余震にあわずにたどり着けました。

そして、とりあえずコタロウを散歩させていたら、
余震が来ました。
余震と言うには、あまりにも大きな揺れでした。

また、コタロウを抱きかかえ座り込みました。

揺れている最中、揺れがおさまってからも
どんどん、人が公園に集まってきました。

いつもの地震じゃない!そう感じました。

揺れがおさまってから、家に帰ろう!
そう思いました。

幸いにも家にたどりつくまでに余震にはあいませんでした。

帰ってからすぐにテレビをつけたら、東北・茨城沖・地震と言う
文字が私の目に入ってきました

慌てて妹に電話しました。
幸いまだ電話が通じ妹と連絡が取れました。
無事でいることと子供をつれて避難所に入るということでした。

次に、実家に電話したのですが、携帯、固定電話どちらも通じず
メールを送りましたが、返事もすぐには返ってきませんでした。

主人には地震が発生してすぐにメールをしたのですが、
こちらも返事は返ってきませんでした。

そして、正確な情報が欲しかった。
祈る思いでツイッターに接続したら使えました!
そこには、情報は錯綜していたものの正しい情報もあり
落ち着くことが出来ました。
フォロワーさんの無事も確認できました。
私とコタロウしかいない家で余震が続く中、コタロウを守りながら不安で
いっぱいの中、皆さんの励ましのおかげで心強くいられました。

そうしているうちに旦那さんからメールが返ってきて、無事を確認
実家からもメールが返ってきて無事を確認できました。

そして、飲み水を確保し、バスタブに水をはりガスの元栓を締め
地震に備えました。
電気は生きていたので、急いでご飯を炊いて、おにぎりを作り、
お味噌汁を作りました。
ご飯を炊くことを教えてくれたのもフォロワーさんでした。

公共機関が麻痺し、皆さん歩いて帰宅するということでした。
主人も午前4時に家に帰って来てくれました。

主人も無事だと実家と妹にメールで連絡し、フォロワーさんにも
お伝えしました。

主人が帰って来てくれたので、コタロウを主人に預け、
私は、自分の薬を飲みました。
私の薬は、夜の分は眠気が来ます。1度眠ると地震でも起きません。
なので、飲めずにいました。
寝てしまったら、コタロウを守ることが出来ないからです。

そして、痛みからも解放され眠りました。



スポンサーサイト
14:09  |  フリー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rutile0721.blog100.fc2.com/tb.php/78-783b3f81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |