2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017年07月20日(木)

絶対に負けない

先週の土曜日(7月15日)の夕方5時頃に、
あーくんの容態がおかしくなりました。

ヨタヨタしながら私の前まで歩いて来たと思ったら、
人でいうと腰が抜けたように座り込み、前足にも力が入らないようで、
踏ん張れなくて前に滑って 伏せのような姿勢になり、
目も虚ろで、舌の色も青くなってしまいました。
慌てて抱き上げたら脱糞もしていました。

ただごとではない!と急いで病院に連れて行きました。


あーくんはフィラリアが陽性なので、病院の先生からは、
『フィラリア症の症状が酷くなったら、即、緊急手術をすること
になりますので、体に異変が起きたら、すぐに病院に来てください』
と、言われていたので、手術をすることも覚悟して病院に行きました。

病院に連れて行く途中も目が虚ろだったのですが、
着いた頃には、普通に戻っていました。

ですが、念のため診察してもらいました。

《診察の結果》は
話を聞く限り何かの発作だと考えられます。
まだ1度しか発作が起きていないので、何とも言えませんが、
おそらく心臓系の発作では無いと思われます。
フィラリア症の発作ではなさそうです。

可能性としては、てんかんの発作だと思われます。
ただ、まだ発作が1度しか起きていませんし、
今は、発作もおさまってますので、少し様子を見ましょう。
とのことでした。

発作の間隔が短いようでしたら深刻ですが、
何ヶ月も発作の間隔が空いて重篤な発作でなければ、
大丈夫なこともありますので、きちんと様子を見てあげてください。
と、言われました。

とりあえず、今すぐにどうにかなるということでは
無いようなので、本当に良かったです。


発作が起きた時に脱糞していたことから、力が抜けてフラフラのように
見えたけど、本人は必死に体中に力を入れて立ち上がろうとしていたんだなぁと
思うと涙が出ました。

今は、深刻な病気にならないことを祈るしかありません。


この写真は、発作が起きた日に病院から帰って来た時のものです。
また、この笑顔が見れて良かった。

病院に連れて行く途中、泣きそうになりました。
でも、私が泣いたら あーくんが不安になっちゃう!と思い
必死に涙を堪えました。

でも、私が泣いてる場合じゃないんですよね!
しっかりしないと!
これからも、あーくんの体調の変化を見逃さないように
大切に育てていきます。


先週の土曜日から、あーくんの体調に異変は起きていません。
この笑顔が、ずっとずっと続きますように。

あーくん
おとーさんもおかーさんもついてるから大丈夫だよ(^ー^)
一緒に病気や不安と戦おうね!
そして、絶対に勝とうね(*´ω`*)
スポンサーサイト
20:30  |  あーくん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017年07月02日(日)

一緒に頑張ろうね

昨日、あーくんの動物病院に行って来ました。


実は、あーくんは、うちに来た時には、すでにフィラリアが陽性でした。


うちに来てからも投薬治療を続けていて
昨日、あーくんの体内のフィラリアの残留検査でした。

結果は《陽性》

医師のお話では
陽性の結果が出ているけれど陽性反応の線が薄れてきてることから、
投薬治療の成果は出ているでしょう。
このまま、投薬治療を続けましょう。
早い子で2年でフィラリアを駆除出来た子がいますから、
治療を続けていきましょう。
とのことでした。


あーくんは保護された時にはフィラリアの陽性反応が
出ていたそうです。

初めて、そのことを聞いた時、
こんなに良い子がどうして…
と悲しみで胸が張り裂けそうでした。

なんとか、この子を助けたい!
そう思いました。

そして、その時、コタに
『ママ、あーくんは とっても良い子なの。でも、病気なの。
だからママ!あーくんを助けてあげて!病気を治してあげて!』と
言われている気がしました。

必ずフィラリアを駆除出来ると信じて、
私たちの出来る限りのことを あーくんにしてあげたい。

たとえ、他の子よりも短い人生になってしまったとしても
あーくんが虹の橋を渡る その時に
『やっぱり生まれてきて良かった』と思えるように
精一杯に愛して癒していこうと思いました。


でも、まだ全然諦めていません!
必ずフィラリアを退治します!



あーくん もう、1人じゃないよ(^ー^)
これからは、おとーさんとおかーさんと一緒に頑張ろうね(*´ω`*)


10:13  |  あーくん  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |